上下出っ歯の歯科矯正治療例|千葉・市川・津田沼・練馬でインビザライン治療なら見えない矯正.com

日本矯正歯科学会 認定医

顎咬合学会 認定医

東京・千葉のインビザライン矯正歯科検索サイト

見えない矯正.com

インビザライン相談ができる地域

市川

練馬

津田沼

千葉、東京に4つの歯科医院がございます

矯正歯科専門医小林のご紹介

上下出っ歯の歯科矯正治療例

上下出っ歯(上下顎前突)の症状について

上下出っ歯

上下のどちらかだけでなく、両方共が前に飛び出ていて常時口が開いた状態になっている症例を、上下顎前突と呼びます。この口元の突出状態は、顔を横から見ることではっきりわかります。出っ歯とされる症状には、上顎のみ前突している場合だけではなく、このように上下の顎が前突しているパターンもあるのです。

上下出っ歯(上下顎前突)の治療期間

矯正治療の期間:約1~2年半、1ヵ月に一度のペースでの通院

上下出っ歯(上下顎前突)の治療例(Before&After)と解説

上下出っ歯の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年6ヶ月
抜歯 上下左右一本ずつ
治療費 80万円
備考 上顎、下顎ともに出っ歯気味の歯列

中学生の女性の矯正治療をしました。この患者さんは口が閉じづらいということで来院されました。お口の中を拝見すると小さいムシ歯が多々あり、全体的に歯ぐきが腫れていました。歯磨き不足がムシ歯の原因ではなく、口が閉じられない歯並びが原因で口渇、乾燥がムシ歯を増やし続けているのことをお伝えしました。

口を閉じやすくするためには前歯を下げる隙間が必要です。健康な歯ですがお口の中の全体的な将来性を危惧して4本の歯を抜き矯正治療を完了しました。 矯正治療後はお口の中の乾燥もなくなり唾液も増え、歯、歯ぐきに潤いが出てきました。

市川・津田沼・練馬で上下出っ歯(上下顎前突)の治療は、ぜひ当院へ

上下出っ歯(上下顎前突)治療をお考えの方

見えない矯正.comにおいては、上下出っ歯の治療を担当するのはインビザライン矯正認定医です。治療だけではなく歯並びの無料相談やセカンドオピニオンにも対応しておりますので、千葉(市川・津田沼)、東京(練馬)で上下出っ歯の治療を検討されている方は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。お電話・メール相談(画像添付)に対応しております。数多くの上下顎前突治療を行ってきた矯正歯科専門医が、口元を美しく整えるお手伝いを致します。

トップへ戻る