子供の反対咬合の矯正治療例|千葉・市川・津田沼・練馬でインビザライン治療なら見えない矯正.com

日本矯正歯科学会 認定医

顎咬合学会 認定医

東京・千葉のインビザライン矯正歯科検索サイト

見えない矯正.com

インビザライン相談ができる地域

市川

練馬

津田沼

千葉、東京に4つの歯科医院がございます

矯正歯科専門医小林のご紹介

子供の反対咬合の矯正治療例

子供の反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の症状について

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)

出っ歯とは逆に、下の歯が上の歯よりも前突している受け口を歯科用語では反対咬合と呼びます。子供の反対咬合は、3才児健診では4~5%の割合で発見されます。小さな子供の反対咬合については、歯科医師から永久歯が生えるまで様子見をするという提案がなされることも珍しくありません。

実際、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで反対咬合が治るというケースもあります。ただ、幼児期の反対咬合は有効的な治療方法が認知されていないことから、特に根拠があるわけでもなく様子見という判断をしていることもあるため、注意しなければなりません。

子供の反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療期間

年齢層:3歳~小学校低学年

原因が骨格にある受け口は、早期の治療を行うのが効果的です。

子供の反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療例(Before&After)と解説

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の治療例

年齢・性別 10歳女子
治療期間 1年6ヶ月
抜歯 なし
治療費 30万円

受け口が気になると来院されました。お口の中を拝見すると噛んだ時に下の歯で上の歯を覆う状態でした。正常な噛み合わせですと下の歯に対して上の歯は2~3mm位出ています。原因は骨格的なものと歯が原因のものがあります。

この患者さんは歯が原因の反対咬合(受け口)になっていましたので並ぶ隙間を作り上あごを前に出す治療をしました。反対咬合は外科手術を避けるために骨格的なコントロールができる早期治療がとても重要な症例となります。

市川・津田沼・練馬で子供の反対咬合の治療は、ぜひ当院の無料相談へ

反対咬合(アゴが出る・下顎前突)の矯正治療をお考えの方

マウスピース矯正の専門医が子供の反対咬合の矯正治療を担当し、子供の将来を考慮した治療を進めてまいります。治療だけではなく歯並びの無料相談やセカンドオピニオンにも対応しておりますので、千葉(市川・津田沼)、東京(練馬)で反対咬合の治療を検討されている方は、どうぞお気軽にご相談ください。お電話・メール相談(画像添付)に対応しております。数多くの反対咬合の治療を行ってきた矯正歯科専門医が、お子様の口元をきれいに整えるお手伝いを致します。

トップへ戻る