八重歯・叢生の歯科矯正治療例|千葉・市川・津田沼・練馬でインビザライン治療なら見えない矯正.com

日本矯正歯科学会 認定医

顎咬合学会 認定医

東京・千葉のインビザライン矯正歯科検索サイト

見えない矯正.com

インビザライン相談ができる地域

市川

練馬

津田沼

千葉、東京に4つの歯科医院がございます

矯正歯科専門医小林のご紹介

八重歯・叢生の歯科矯正治療例

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の症状について

八重歯・叢生

八重歯や叢生の原因は、顎の大きさと歯のサイズとのバランスが取れていないことです。歯科矯正治療の症例としては最も頻度が高く見受けられるものです。歯が生え揃う順序の関係から、側切歯が内側へと引っ込み犬歯が頬の側へと出てくる八重歯となりがちですが、そうでなくともデコボコしている歯並びを叢生(そうせい)ないし乱杭歯といいます。

こうした状態は、単に見た目がよくないというだけにとどまらず、歯のみがき残しが出やすくなるため虫歯や歯周病にもなりやすくなるのです。加えて、歯がきちんと咬み合っていないことから、ものを噛むときの効率も悪くなってしまいます。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療期間

矯正治療の期間:約1~2年半、1ヵ月に一度のペースでの通院

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 1年3ヶ月
抜歯 上下左右一本ずつ
治療費 80万円
備考 八重歯

10代の女性の矯正治療をしました。人前で大きく口を開けれないので歯並びを治したいと来院されました。お口の中を拝見すると全体的に凸凹が強く、特に上あごの2番目の歯は内側に入っていて、両側の3番目は俗にいう八重歯という状態で全体的に歯ぐきが赤く腫れていました。やはり凸凹が強いと歯磨きをしてフロス等をしても毛先が届かず汚れが取りきれていないことがほとんどです。

現状は歯肉炎という状態ですがそのまま放置しておくと歯周病に悪化し歯を支えている骨を溶かし歯が抜けてしまいます。歯並びを整えるということは無理なく並ばせるということです。無理をすると後でどこかに必ず歪が生じます。治療後、歯並びも噛み合わせも安定し歯磨きもしやすいお口の中になりました。

市川・津田沼・練馬で八重歯・叢生(歯並び)の治療は、ぜひ当院へ

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)治療をお考えの方

見えない矯正.comにおいては、八重歯・叢生の治療を担当するのはインビザライン矯正認定医です。治療だけではなく歯並びの無料相談やセカンドオピニオンにも対応しておりますので、千葉(市川・津田沼)、東京(練馬)で八重歯・叢生の治療を検討されている方は、どうぞお気軽に当院までご相談ください。お電話・メール相談(画像添付)に対応しております。数多くの八重歯・叢生治療を行ってきた矯正歯科専門医が、口元を美しく整えるお手伝いを致します。

トップへ戻る